施設紹介・宿泊施設
さいたま市には、多様なニーズにお応えする公共スポーツ施設や各種国際スポーツ大会での選手・関係者受け入れ実績のある宿泊施設が揃っています。
トレーニング施設
FIVBワールドグランプリ2015予選ラウンドや、第4回インディアカワールドカップなど、様々な国際試合の会場として利用実績がある施設です。
1964年に開催された東京オリンピックのサッカー会場の1つです。現在もサッカー公式戦が開催されています。観客席は約15,600席。
日本陸上競技連盟第3種公認施設。1967年国民体育大会のサッカー会場の1つで、現在もサッカー女子なでしこリーグが開催されています。21,500人の収容が可能です。
柔道や空手といった武道はもちろん、弓道場(6人立28m)や剣道場(2面)のほかバレーボール、バドミントンなど多彩な種目に対応可能です。
2004年国民体育大会の軟式野球場会場(硬式野球場としても利用可能)の1つ。両翼が95m、中堅が122mあり、3,337人の収容が可能です。
宿泊施設
受入実績
JFAサッカー日本代表、2002FIFAワールドカップ、2006FIVBバレーボールチャンピオンシップ、FIBAワールドチャンピオンシップ2006、U-20女子ワールドカップ、FIVB女子バレーボールワールドグランプリ2015、2015年第4回インディアカワールドカップ等
受入実績
2002FIFAワールドカップ、2006FIVBバレーボールチャンピオンシップ、FIBAワールドチャンピオンシップ2006、2007FIVBワールドカップ等
受入実績
2015年第4回インディアカワールドカップ等
受入実績
2015年第4回インディアカワールドカップ等
トレーニング施設 宿泊施設